MENU

債務整理の種類

 

債務整理には、当事者者間の契約等に基づく任意整理、債務者が地方裁判所に申し立てをすることで借金が免除されることになる法的整理(自己破産及び個人再生)が在ります。

 

任意整理は、債務者が債権者と返済額について話し合いをし、支払いが可能になるような条件での合意を成立させることです。

 

任意整理は、裁判所が関与しない場合であり、契約に基づく整理となります。手続きは簡略であり、この整理が成立することによって、借り入れが五年間は出来なくなり、債務を減額させる効果はあまり期待できないものの、手続きが完了すれば将来的に発生する利息が免除されることになります。

 

法的整理としての自己破産は、借金を返済できなくなった債務者が裁判所に申し立てをし、全財産を債務の履行のために換金させて、債権者の満足に充てる制度です。債務者は、免責をされない限りは権利行使が制限されることになります。

 

個人再生ですが、これは、負債が五千万円以下の債務者が、地方裁判所に申し立てをし、返済をするために継続的な収入を得ている場合に債務履行が猶予されるものです。なお、法的整理では、担保付債権、租税債権、給料債権は免除されないことになっています。

 

しかし、専業主婦の場合には、この個人再生は行うことができません。この条件に当てはまるひとは、あくまでその本人が収入を得ていなければなりません。ご主人が収入を得ていても、この条件には当てはまりませんのでご注意ください。