MENU

借金の一部を任意整理

 

債務整理には任意整理、個人再生法、自己破産などがありますが、その中の任意整理では、整理する借入をある程度選ぶことができます。

 

こことここを任意整理して、ここはそのまま返済を行うということも可能なのです。

 

しかしなにかよほどの事情がない限り、全てを整理してしまったほうがあとあと楽です。

 

任意整理しなかった金融機関からも新たな借入が出来なくなるので、限度額までまだ達していない業者だからといって、何かの時に限度額までまた借り入れできるように残しておこうなどと下手な考えは持たないでください。

 

何しろサラ金やクレジット業界では、他社の借入が債務整理されたという情報はどの業者でもつかむことはできるので、それがしれればすぐに貸し出しは止められます。それどころか、その時点の貸付金をすべて一括で返済するように求められたりと、話がこじれる場合もありますので気を付けてください。

 

どうしても、何らかの事情で整理を行わない業者がある場合には、必ず任意整理を依頼した弁護士、または司法書士にその旨を相談してください。